アトピーの自然治療に大切なことはかかない事

アトピーの自然治療に大切なことはかかない事 アトピーが辛いのは、我慢できないくらいに痒いということです。
起きている昼間だけではなく、夜眠っている間も痒いので無意識にかいてしまったり、痒くて眠ることができなかったりということが少なくないようです。
しかし、痒いところをかいてしまうと、皮膚が薄くなってしまうために、かえって症状を悪くさせてしまいます。
だから、痒くても、かかないようにすることが大切です。
ステロイドを使えば一時的には痒みは収まるかもしれませんが、しばらくすれば再びアトピーの症状はぶり返し、痒くなります。
自然治療をするのであれば、いかにかかないようにするのかが重要です。
アトピーを自然に治療していくためには、乾燥している肌に潤いを与えることが大切です。
肌が乾燥すると痒くなるので、特に汗がかきにくくなる冬に、痒みが増す傾向があります。
保湿剤をしっかり塗ることで痒みを軽減させることができます。
また冷やすのも効果的で、ミント水にアロマオイルを混ぜてスプレーしてみると良いでしょう。

アトピーの炎症を抑える”ミント水”

アトピーのかゆみが気になるからといって肌をかいてしまうと炎症を起こすなど悪循環に陥る危険があります。
肌はなるべくかかず、そっとしておくほうがよいです。
しかし、かゆみがあると無意識にかいてしまうこともあります。
かゆみを抑える対策を行うとよいですが、なるべく肌に潤いを与えることができて、肌の刺激にならないものを使うのが望ましいです。
そんなときに役立つのがミント水です。
ミントには肌を冷却してくれる働きが期待できます。
また抗菌作用もありますので、アトピーの対策に効果的です。
抗菌作用も高いので、炎症が気になるという方にも効果が期待できます。
しかし、なかにはミント水が合わない方もいらっしゃいます。
自然のものといっても、アレルギー反応が起きないとは限りません。
アレルギーなど、肌との相性には個人差がありますので、相性が悪いと感じたときには使用を中止しましょう。
また、粘膜などについてしまうと刺激が強いですから、顔などに直接スプレーしたりするのは避けたほうがよいです。