アトピーについて。

アトピー性皮膚炎とは良くなったり悪くなったりを繰り返し、治りにくいかゆみを伴った湿疹の出る皮膚の病気です。
もともとアレルギーを起こしやすい生まれつきの体質の人や、皮膚の弱い人に多くみられます。一般的に乳幼児では2か月、そのほかの年齢では症状が6か月以上続くとアトピーの恐れがあります。
湿疹の特徴として、赤みがありひっかくと液体が出たりささくれて皮が剥け、それが長引くと皮膚がごわごわと硬く盛り上がり、おでこや目の周り、口の周り、耳の周り、首、脇、手足の関節の内側などに左右対称にできることが多いです。
ご家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどの方がいる場合にはその体質が遺伝してアレルギーを起こしやすくなります。
また、長期間皮膚に強い刺激やストレス、疲労なども免疫力を弱める原因になります。皮膚への刺激としてダニやカビ、ほこり、化粧品などの化学薬品、汗、紫外線などが考えられます。
皮膚の炎症が続くとバリア機能も低下してますます悪化してしまうので、できるだけ早く炎症を抑えるために潤いを保つスキンケアや皮膚への刺激を減らすことが症状を和らげるポイントとなります。

アトピー性皮膚炎の辛さとは

皮膚炎の辛さ アトピー皮膚炎は子供の頃に発症することが多い先天性の過敏症のひとつで、体の様々な部分に炎症や発疹、湿疹、強いかゆみなどが起こる皮膚炎です。
アトピー性皮膚炎の症状には個人差がありますが、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、じんましんなども引き起こしやすく様々な刺激によって強いかゆみが起こるためとても辛い皮膚炎のひとつなのです。
その辛さは症状が起こった本人やアトピー性皮膚炎を患ったことがある人にしかわからない辛さで、ちょっとした環境や体調の変化などによって症状が良くなったり、悪くなったり、普通の人には何でもない刺激でもどうしようもない辛いかゆみなどが起こってしまいます。
症状が悪化してしまうと、皮膚にじゅくじゅくした炎症が出てしまいますし、それが顔などに出ると人前にも出たくなくなってしまうこともあります。
10歳くらいまでに治る人もいますが、大人になっても治らない人や、子供の頃に治っても大人になってから再発してしまう人もいます。
症状が重い場合にはステロイド剤などの強い薬を使わなくてはいけないこともありますし、食生活や生活習慣などを見直して体の免疫力を高めるように心がけていかなくてはならないためアトピー性皮膚炎を改善するにも辛い努力が必要となることもあります。

「アトピー」に関する情報リンク

「薬に頼らない」アトピー改善法を紹介するサイト

アトピー改善